新しくできたリード壁

昨日は、松江市美保関町に新しくできたリード壁でお披露目会が開催されたので行ってきました!このお披露目会は、新設されたリード壁の完成を祝してクライミングや国体競技を地元に紹介することを目的に開催され、記念行事のあとはデモンストレーションでTちゃんの初登り(この壁初登?)などもあって盛り上がってました。

お披露目会

新設リード壁を登る

Mウォールからもアクセスの良い美保関町千酌地区にできたこのリード壁は、国体中国ブロック大会開催に合わせて県山岳連盟さんが設置したもので、登はん距離15.3m、幅5.4m、最大傾斜175度とかなり立派な壁です。国体選手や外で高難度を登りたいクライマーはここで登ればどんどん強くなるでしょうし、中間部の傾斜が変わるところにも終了点が設置されているので初中級者のリード練習にも最適です。

新設リード壁

選手以外の利用は国体ブロック大会が終わるまでできませんが、ブロック大会後の詳しい利用方法がわかれば当ジムでもお知らせしたいと思います。


新しくできたリード壁” への2件のコメント

  1. これからは島根県の子どもたちの育成が大切ですね……!大変ですが、素晴らしい成果を期待しています!頑張ってください!

  2. 石原先生、コメントありがとうございます。
    島根に待望のリード壁がついに完成しました。初めてこの壁を見た子どもたちの目が輝きまくっていました(笑い)。

    ジュニアだけでなく、外で結果を出したいクライマーはここで登ればどんどん強くなるでしょうし、本文にあるように初中級者のリード練習にも使えそうなので、この壁をきっかけにルートエリアが多い島根でリードする人増えればいいな~と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です